カラーダメージを少なくするには?美しい髪

背中の真ん中まである長い髪を守る洗い方

髪の長さは背中の真ん中位まであり、髪質は柔らかい猫っ毛なので以前はすぐに枝毛が出来たり絡まったりと、手入れが大変でした。
しかし髪の洗い方、乾かし方を変えてからは髪のトラブルもなくなり、通っている美容室の美容師さんからも「ちゃんと手入れされてるんですね」と褒められる程になりました。

 

まず髪の毛を洗う前に、クシである程度といで埃を落としておきます。
そして半身浴で十分温まって汗をかいてから、シャンプーです。
シャンプーは自分の髪質に合う物なら何でもいいのですが、なるべくノンシリコンで使った時に髪が軋まない、頭皮がべたついたりフケの出ない物を使います。
手にシャンプーを取って泡立ててから髪につけ、指の腹で優しく頭皮を揉みこむように洗っていきます。
洗いすぎると頭皮が傷んでしまうので、5分程洗ったらぬるま湯で洗い流します。
シャンプーしている事よりも洗い流す方が重要で、この時絶対に泡を残さないように気を付けます。
リンスは頭皮にあまりつけないようにして、なるべく傷みやすい毛先につけます。
こちらも洗い流す際は注意しましょう。

 

お風呂から上がったらすぐに髪をタオルで優しく拭き、水分を取ります。
そして頭からタオルをバサッと被って、タオルの上からドライヤーで乾かしていきます。
この方が早く乾きますし、ドライヤーの温風で髪が傷みません。
ある程度乾いたらタオルを取って、直に髪を乾かします。
ドライヤーは髪から10pは離し、上から下に乾かすとふんわりした髪に仕上がります。

 

そして朝シャンは絶対にしませんし、外へ出る際には帽子を被って紫外線から髪を守ります。
紫外線は肌だけじゃなく髪にも天敵なので、髪に使用できる紫外線対策スプレーを使うのも手です。